ポラロイド写真
  • 2015年05月

回り込み解除

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除


5月終盤。
季節が過ぎてゆくのをこんな風に眺めているのは勿体ないと感じます。

そこで想うのは 「一寸の光陰軽んずべからず」

「時間」という大切さを一瞬でも一日として大事に過ごしたいと思うこの頃です。




2015-05-30-001054.jpg

2015-05-30-001843.jpg

5倍数のうちの日数。そして30日。

最近にして、「ビックヴァーダーに小さな操縦士がいる」
ということを聞きいれた自分はビックヴァーダーの元へと駆けつけてみたとです。


恐る恐る、ビックヴァーダーの麓へとやってくると。。。

2015-05-30-001420.jpg

ちっさ!!ラッピーいたぁぁぁぁぁ!
普通にいたぁぁぁ!


。。。。。。。。。(笑)


操縦席2席あるのですか。

このことを始めて知りました。ビッグリ仰天。
何が、なんだって、「小さな小動物」が「大きな機甲」を操縦しているとなると。。。

「あんた、どんな具合に操縦しているの!?」
「いつの間に、機甲種免許とっていたのよ!」ってなるわけですからして

ラッピーさん恐るべし。

どれだけの、華麗なテクニックで操り、
どれだけのコックピット機能がつけられているのか気になったものじゃないです。
「ミサイルおりゃー!」「機関銃どどどど!」「腕、ガッシーン!」忙しいのが目に見えている。
恐ろしい。。。恐ろしすぎるではないか!

操縦席では、「きゅきゅきゅきゅ」言っているのでしょうね。。。(笑)


10、20、30日など、5倍数の日にちに現れるらしいので、
「まだ、知らなかった!」方はきっと小さな操縦士に会えるので
いってみるといいかもしれません^ ^

でも、人によっては
「い、今更知ったの!?」なんて思わせたのかもしれません(笑)




スポンサーサイト

回り込み解除

2015-05-26-230957.jpg

着ぐるみやスーツやいなや、
もはや時代を越え、時をも越える。



ファンタシースターポータブル時代を生きていました。
生息していた時期が自分にもありました。。。
そんな過去を思い返すと同時に「楽しかった」を実感するひとときでもありました。

思い出に浸っている場合ではないでござります。(笑)


着ぐるみは「癒し」さえをもくれる。
誰かのそばで、絶やさない「癒し」「可愛さ」を。
きっと「誰かにとっても」提供してきたのだと想う。

20150526230028.jpg

元、ラッピースーツ。

何かが違う。。。(笑)
確かに着ぐるみと言わんばかりの着ぐるみといってもいいほどの出来栄えをしている。
姿、形、おもわぬ角度から見ても、着ぐるみ。

20150526230045.jpg

顔、丸見えではないかい。


「着ぐるみアルバイト募集中!」って、
これでは中の人見え見えではござらぬか!Σ\( ̄ー ̄;)
「ねぇねぇ、お母さん!何か出てるよぉ!」
「見ちゃダメよ!

小さい子に悪影響を及ぼすほど、
インパクトがあるではないかい。


パーティーを組んでいたそのときに、
このラッピースーツを着ていらっしゃる方がいました。
そこで、「どんな人なんだろう」と、おもわぬ感情を抱いていた頃の話。
そして、ラッピースーツを着ているお顔を拝見しに
近くばよってそっとカメラを動かしたのです。

すると、見てみると。。。


とてもシブいお顔の方でした(笑)


思わず、なんとも言えない笑いがこみ上げてきたとです 笑
「ほぉ、なるほど 笑」と。

それはそれは、年齢層、顔関係なく
着ぐるみに入る人は問われない。
「夢」を与えるべくして、今日も着ぐるみを着た誰かは今日という日を歩き回る。

この昔のラッピースーツは、「ぴっぴっぴっぴっ」足音が少しばかり大きくて、
「うるさい!と思われないだろうか。。。」とか
この着ぐるみを着ていたときに変な不安を抱いていました(笑)



ちなみに。


20150526230147.jpg

これはカクワネスーツという着ぐるみです。
どこかの未確認生物をモチーフにした着ぐるみです(笑)

やっぱり、どれもこれも「夢」を与えるに関しては、
とてもあってもよいと思う一種のアイデアだと思います。
ゆるキャラしかり、着ぐるみしかり。

たまに、ヨクワカラナイ着ぐるみもいたりしますが 笑。
それはそれで、いい「癒し」をもたらすのではないでしょうか^ ^


2015-05-26-231138.jpg



回り込み解除



2015-05-24-174256.jpg


「ぶべらっ!!」




2015-05-24-170708.jpg


あれこれそんなこんなでありながら、デイリークエストをためにためていた。
なんだか、やり場のないものを見てしまったような気が。。。するとです。

デイリークエストよ、長い間放置していて悪かった。ごめんよ。
(。-人-。) ゴメーンチャイチャイ。



2015-05-24-171616.jpg


海岸に足を運びもうした。

清々しくて、とても心地の良い、開放的なフィールド。
朝日や夕日が綺麗だ。



2015-05-24-171824.jpg

そこへ、「シュトゥラーダが現れた」

いっけんして鳥ダーカーさんであるがままに、不意をつくと「カッター」を飛ばしてくる。
そんなカッターを飛ばしてくるダーカーさんを見ると、とあるエネミー苦手なダークラグネを思い出すと同時にあのカッターがフラッシュバックするので、もうこの場から立ち去ろうと思います。
パタパタε=ε=ε=~~ε( ・д・)3゛逃げちゃぉ 逃げちゃうもんね〜!

まさにトラウマものである。


「どうだっ!こうだっ!」ってつぶやきながら、
エネミーさんたちを殲滅してゆく中、頭上からプレイすることにカメラの向きを変えてみる。


オルグブランさんも興味深くこちらに寄ってきたではないか。

2015-05-24-172442.jpg

「腹でどぉぉぉぉぉん!!」

略して、腹どん。


カメラの向きを変えて、影だけで視点を変えてみました。

2015-05-24-172216.jpg


何が何だかヨクワカラナイ。


けれど、影がなんだか美しい。
オルグブランと遊んでいるみたい。新鮮だ。これは新鮮だ。

2015-05-24-172611.jpg

危ういながらも、なんとか撃破に成功しました。斬新だった。

この先のバルロドス討伐。
頭上で倒せるわけがありませぬ(笑)


デイリークエストもまだ、全て終わったわけではないけれども、
全てを成功すれば、報酬はそれなりになっている。
そういえば、ビックヴァーダーも残っている。頭上プレイしたらどうなるのだろう。
でも少し、興味が湧いてくる。それはそれで面白そうだ。




回り込み解除



ある日、アルティメットクエストに出かけようと想う中。
「必ず」ほどではないにしろ、そんな自分にも「欲しさ」を
あらわにする、あるモノを手に入れたいと思ったある日のことの話だ。

それはアルティメットクエストに登場するボス級エネミー
「ゼータ•グランゾ」というエネミーからドロップする「ユニット」を欲しいと思ったこと。
いわゆる「防具」である。

自分は装備自体、そんなにたいしたこともなく、
「お前、そんな装備で大丈夫か?」ってとある人物から言われそうになるけれど、
「大丈夫だ、問題ない」と、少し強気気味で言い聞かせてきた。
「だ、だって、大丈夫なんだもの」自信はなかったけれども。

レベルは懸命に育ててきた、メインクラス、サブクラス共に75レベルのもの。
キャンプシップからおぼつかない足で降り立ち、みんなのいる場をやり過ごす。

不恰好な走りでみんなについていくこと、数分が経ち。
そこには遥かに大きな面影が。その名も「ゼータ•グランゾ」。
その日初めて見る巨体を見て、驚きを隠せない。


「お、おぉ。。。やっと出会えたんだ」


どうも出現率は低いらしい。


大きすぎて見上げる首を痛めそうになるも、一致団結して撃破することができた。
最初は不安さえあったけれど、12人もいれば、皆がいれば怖くない。そう思った。

赤箱を割る。

レアモノらしきものは見つからなかった。
流石にすぐに出てくるものでもないようだ。

それからは、ボス級エネミー「アンガファンダージ」というエネミーが出現するばかり。
これでもかってくらいに出てくる。「雲行きが怪しいなぁ。。。」と思ったら、また出現する。
「どんだけ出てくるんじゃいっ!」って突っ込みそうになるくらいに出てきた。
まだ、出てくる。「もう疲れたよ、パトラッシュ」

そうこうしている内に、ポイントは集まった。

この日はゼータ•グランゾさえにも
「会えるか」「会えないか」でほとんど出ず終いで終わってしまった。
「やっぱり、どれだけも周れば周るほど出るものなんだ。。。」そんな気持ちにすらなった。
モチベーションは底をつきそうになった。気力はもはや途方に暮れる。


けれど、好機はある日訪れた。
それから、何日かが経ったある日。


「久しぶりに、アルティメットに行こう」そう決断した。
何の躊躇いもなくキャンプシップから飛び降りた。


「今回は会えるだろうか。。。」


しばらくすると、奴が現れた。


「!!」


。。。?


でも、何かが違う。それに赤い。


「レア種だ!」


そう、ゼータ•グランゾのレア種だ。これは見逃せないチャンスだ。
今こそ、ブーストアイテムを使用するとき。
トライブースト100%やレアドロップ250%ありとあらゆるものをつぎ込んだ。

飛び交うミサイルをよけながら、応戦する。なぜだか緊張感がすごい。
心臓がバクバクいっている。心拍数が手元へと伝わり、手が震える。

「ガタガタガタガタ」


慌ただしかった戦いを終え

いざ赤箱を割る時。


。。。


。。。


。。。



そこには、輝く二つの「赤い」ものがあった。


「ユニットだぁ。。。ぁあ!!」


それに。。。二つ。リア、アーム共々。


嬉しさがどこからともなくこみ上げてくる。しかも二つなんて。
贅沢だ、もう揃ってしまったじゃないか。

ジャマイカ。やったジャマイカ!!

軽くジャンプをした。

「な、なんなんだこいつ」って思われそうだったけれども、
華麗にジャンピングホップステップかましてやった。

ありがとう、グランゾさん。
そして、この偶然でもあり、必然でもある、運命に辿り着かせてくれたその日と
12で共に戦っていた同志に感謝したい。


そう。
でも、人によっては装備なんて想い、求める価値、人それぞれだと思います。
だけど、自分がよければそれでいいのだと思います。
無理に強くなれなくてもいい。ただ、それだけのこと。

求めたい気持ちは変わらなかったけれども、
諦めないことへの気持ちも変わらなかったと思う。



回り込み解除



「あれ。。。?」


気がついたら
マルチパーティエリアでの人数が12人だったはずの
僅か半分以下に成り下がっていることがよくある。


気がついたら 「周りが寂しいなぁ。。。」
気がついたら 「誰もいない(笑)」


気がつき様に振り向いたら、まるで孤独を感じる瞬間。
でもけして、0という数字ではないんだ。


同じフィールドで。
共に戦う同じアークスが、まだ残っている。
そんな時、「放棄する」を選択せざるをえないかもしれない。
でも、自分の場合はあくまでも「続ける」を選択する。


きっと、ここで「放棄」していたら、
数少ない共に戦う人たちの出会いが無駄になってしまう、
「なんだか申し訳ない」そんな想いが頭を巡ります。

「いやいや、そんなこと言ってないで放棄しなよ」

そんな左側の悪魔が囁く言葉に惑わされることもある。


そんな数少ない人数の中で、
意思疎通しながら「一緒に戦っている」を実感するときだってある。
逆に、数少ないからこそ、そんなことを実感する強さが増すこともある。
「ぼっち」であるがままに、「ぼっちだから」「孤独だから」こそ、
今、協力が想いを駆け巡る。「楽しい」と感じるんだ。

「ロビーでは、すれ違う」。クエストに出ると、いつの間にか「協力している」。
ロビーではただ、すれ違ったり、自分のしたいことをしている。


するとどうだろう、


いざクエストに出ると12人で協力しているではないか。まるで、一体感を感じる。

「い、いつの間にか、協力している。。。!」
「なんじゃこりゃ!これがオンライン。。。なんだ」

恐ろしいくらいに熱中している。


そこで、偶然っていうのがつながって、巡り会わす。
そんなこともある。むしろ、そんなことがあれば感謝したい。

「こうしていてよかったんだ」とか、「あの時あの場所に居ていてよかったんだ」とか。
ひとつの選択が運命へと変わり、その運命が巡り合う。

こんな素敵なことはないと、
そんな求められる喜びがオンラインでは実感できるんだと、自分は思います。




回り込み解除


2015-05-16-045047.jpg

ナウラ三姉妹、壊滅の危機。


砂漠を探索していたのち、「げっ!ダークラグネっ!」と
エマージェンシートライアルが発生した数十秒あとに砂漠
の地にナウラ三姉妹が現れた。

「な、なぜこの危機な状態でそこにお店をひらく!?な、何事!?((((((ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ」

なんて思いながらも、ひそひそとナウラ三姉妹のお店へと忍び寄る。
この状態でお店のコンテナをケーキが潰れてでも守護しろなんて
ダークラグネさんが黙ってはいません。

そこで自分はお店をあとにして、逃げることを決意しました(笑)
なぜだか、今日という日はとてつもなく自信がなかったのです。
大切なケーキをお守りできず、申し訳ないです。ごめんね、三姉妹。

ダークラグネさんの「雷」と「カッター」には気をつけて!なんて
思いを寄せていたにもかかわらず、
そこでも平然とお店を開き続けるナウラ三姉妹に
ちょっとだけ笑いがこみ上げてきたのは内緒です(笑)
こら、他人事じゃないぞと 笑


それでも守れなかった罪悪感。
どうしてくれようホトトギス。


そんなダークラグネさんおよび、
ダーカーさんが苦手なとある日の今日この頃。


そして、なんだかこの頃は暑くなってきました。
こんな日こそぐぅたらしても体がなまってしまうもので、
懸命に体を起こし、太陽の日光を浴びて今日を過ごす。

この前までは、
台風の風に体を冷やされて涼しかったものの
何かが飛ばされていった気がするのは気のせいでしょうか。。。笑

「カランッコロンッ!」とかいって [壁]・m・) プププ


こらこら、笑い事じゃないぞと。笑





回り込み解除



2015-05-14-222120.jpg

見上げれば、見渡せば見渡すほど見るとおりの雨

ナベリウスにも梅雨がやってきた。



卵を追い求めていた時期から一転、
今日も今日とて期間限定緊急クエストで待ちかまえている BINGO!
達成すべく雨風へといざなってもらおうではありませんか。


2015-05-15-025957.jpg


「スタンバイッ!!」



レベル上げや、ビンゴを兼ねてSHに挑みつつ、
足元に注意しながら雨風の下を調査するとしよう。
BGMも静寂に包まれつつも、
雨がひたひたとこのフィールド内を醸し出している。


着々と色々なエネミーさん達をなぎ倒しながらも
ポイントを稼いでゆく。12人だとあっという間なのでは。。。?

そう思っていると、
超時空エネミー愉快痛快「ニャウ」がお出ましに。

2015-05-15-032332.jpg

皆、ニャウを攻撃していたり、
武器を落とすまで待機しているアークスがいたりと人それぞれの表情は異なっている。

ニャウは圧倒され、誰これかまわずお得意の「ニャウ手グルグル」で追いかける。
その内、グラビティボムをニャウに向かって投げつけるアークスもいる(笑)


そしてニャウが歪む時空から呼んで来たエネミーは。。。?

「ネプトキャサドーラ&レオマドゥラード」


ここも皆で撃破し、ポイントゲッツ。


それから、雨の中に颯爽と現れるアンブラ様。
もう殴ってもお怒りにならない、彼に何があってこうなってしまったのだろう。

2015-05-14-221056.jpg


「ぐはっ」


「みんな!殴られに行こうぜ!」みたく、
皆で一斉に殴られ、レアブースト100%がつきました。
殴られに行くって一体どんな集まりなのだろうか。。。(笑)


2015-05-14-221624.jpg

2015-05-14-223746.jpg

最後のうち、少々遅れて入ってしまったので、
ポイント「あともう少しっ」というところで、人数が3人になってしまった。

けれども3人で行動し、迫り来るボスをこればかり戦闘不能になるも、
ムーンアトマイザーを投げ合いつつ、雨の中、撃破していきました。
たった3人でもなんだか落ち着きのあるこの静寂な雨の中、
不思議な気持ちな状態で行動していた気がします。


2015-05-14-224646.jpg


オラクルへと帰還し、「ただいま!」そして、
オーダークリアで BINGO!。

ビンゴも枠を埋め、まさかの裏があるではありませぬか(笑)
いっけん、ぱっと見厳しそうな内容が中にはあったような気もするけれども、
また少しずつ埋めていくことにしよう。




回り込み解除

5月15/金曜日


2015-05-11-183907.jpg

見上げる坊主。




2015-05-11-190528.jpg

高台から撃ち抜かんとする坊主。



(笑)Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン



台風が迫ってきた様子で
風は静まりませんでした。風が強いやいなや。
そこで、自分は「風よ〜!今こそこの手によって操られるのだぁー!おりゃゃー!」
とかなんとかひとりで風に問いかけていました(笑)

こういう時に「ゼルダの伝説 風のタクト」をプレイしたくなる今日この頃です(笑)
風を操りたい。我がままに。



とある惑星調査で、
眠気が漂ってくる中「浮遊大陸」に散歩をしに行きました。


2015-05-13-030331.jpg

パイロットの戦闘機が今日も不時着しそう。嫌な予感。


墜落したものの「チェンジオーバー」に変わり、
その戦闘機が「ダーカーに侵食」されてしまいました。Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

2015-05-13-030036.jpg

2015-05-13-030144.jpg

必死に戦闘機を護衛したというのに
アークスに何の恨みがおありなのだろうか(笑)


そしてさりげなく、逃走しているラッピーさん。
それはそれは、流石にラッピーさんも
戦闘機がいきなり侵食されたりもするならばびっくりしますよね。
ごめんよ、ラッピー。君は無事かまわず逃げてくれ。


侵食された戦闘機との戦いも終わり、戦闘機は爆発しました∑ヾ( ̄0 ̄;ノ オーット!
パイロットはどうなってしまったのでしょうか。。。
無事だといいのですが。


2015-05-13-030629.jpg

ふと、気がつき見上げてみると「蝶々」が。

予兆というなの兆しが舞い込んできたかのように、
ひらひらと空を舞う。

2015-05-13-031205.jpg

美しいものですね蝶々は。
なんといっても心を癒してくれるかのように。



先ほど、逃走してしまったラッピーとは違う種の
「期間限定」で登場していた「エグラッピー」。

2015-05-13-031647.jpg

静かな場所が似合っているラッピー。
ラッピーも散歩をしたかったのだろう。癒されるではないか。

癒してくれた後は
ナックルのバックハンドスマッシュで吹っ飛ばしてしまいました(笑)


「きゅきゅーっ!!」



飛距離がすごかった。





回り込み解除

5月10日/日曜日


2015-05-07-024539.jpg



ダークファルス「ルーサー」本体戦。
今か今かと始まろうとしている。

本体戦に余裕を持っていこうとしたのも束の間で、
時間を少々ロスしてしまっていた。
エクストラハードという高難易度から挑もうとクエストを受注。
このクエストパーティーにいたのは12人中、3人のみ。

生憎、その他のパーティーは12人ばかり埋まってしまっていた。


「ここしかない」


待つことにした。沈黙は続く。
足を崩し、多人数になることを祈るばかり。

たったの3人だけだったこのエリアにも
少しずつ、少しずつ、人数が揃って来た。


「待っていてよかった」


人数が多いというものは、本当に心強いものだ。そう想う。


「さあ、行こう」


それから、ダークファルスルーサーと戦ってから数分が経過する中、
さりげなく目にした人数。
12人だったはずの人数が、6人のわずか半分に成り立っていた。


「!?」


ど、どうしたのだろう。
何があってこんな人数に。。。


2015-05-07-031613.jpg



全く気づかったのも、自分ひとりだけではないはず。
あとからその不安は漂ってゆき、過酷な戦いが始まる。

戦闘不能になるも、
申し訳なさげに「ありがとう」。

自分にとてもではないくらい自信があるわけではないけれども、
せっかくここまで戦ってきたのだから、終わるわけにはいかない。

助け合いながら、戦闘不能になりながら。
たった6人のアークスで意思疎通しながら。

ここで思うことは、

「負けてもいいや」。

気持ちも諦めかけていた。
なんだか申し訳なかった。

けれど、そんな過酷な戦いから一転。


「あとわずかです!」


。。。メ。。。メリッタ!!


まるで光のような言葉が、兆しを放つように。
まさかここで我らがナビゲーターに
思いもよらぬ助け舟の言葉をかけられるとは思いもしなかった。

諦めかけていた気持ちはどこか遠くの方へ。
気合いしかない。
もうやる気が湧いてくる。
元気があればなんでもやれる気がしてきた。


「やった!」


たった6人、苦しい戦いだった。
久しぶりに体感したこの達成感。


「お疲れ様でした!」
「最後までありがとうございました!」
「おつー!」
「ありがとうございました」


言葉が飛び交う。


微かな責任とプレッシャー。
そんな気持ちもあっただろう。「本当にお疲れ様、ありがとう」と言いたい。

ルーサーからのレアは、
明らかに少なかったことに悔しさはあるけれども黙ってしまっておくことにしよう(・_・; 笑

宝はこの心に余る気持ちということで(笑)

それよりもみんなの熱意を感じ、達成できた。
みごと撃破できたことは間違いなく大きな力になったはず。




回り込み解除

5月8日/金曜日


ある〜日っ


2015-05-07-185639.jpg


森の中っ


2015-05-07-185425.jpg


くまさんにっ


2015-05-07-011827.jpg


出会〜たっ


2015-05-07-012947.jpg



森といえば、自然。
自然といえば、生い茂る木々たち。

そんな中、くまさんに出会ったのです。


それに二頭。
二頭同時に森の中から現れるるという。
二頭同時に現れるとなると
死んだふりも、もはやなんの効果もなくただただ逃げるばかり((((((((((`ω´;)サササッ

そんな慌ただしい森の中、
突如「捕獲」を命じられた。

熊。おっかない。
確かに現実世界で死んだふりをしてしまうほど恐ろしい存在ではあるけれども、
動物保護区、自然保護区としてはどのような意見を持ち寄ることだろうか。

「捕獲」しちゃってもいいのだろうか。
あんな恐ろしい存在を。「捕獲」してもいいのだろうか。
いや、むしろそこまで危険な動物を放置しておくこともあってはならない。
人類、そして、アークスの身を危険から安全に守るため。

二頭もろともかかって来い!


けれども、捕獲に失敗(笑)


無理ですよね、それはそれは。
いやはや、ひとりでこの森林に足を運んで来たことですから、
いきなりくま二頭と出くわすことになろうとは、全くもって思いも寄らないこと。
おまけには「捕獲」を託される始末。

でもよく考えてみると、あの熊はここの縄張り主。
アークスが敵と認識されるのもあながち間違いではないものです(笑)
そこから惑星ナベリウスに降り立っては
勝手に捕獲を行おうとし、勝手に森を荒らし、勝手に去ってゆく(笑)

なんという罪悪感のあるストーリー。。。(笑)

この惑星には「散歩」がてら遊びに来たというのに、
なんだかんだで重大な任務を任されていた気がしてならない。
そりゃ、森の主さまもさぞお怒りになることでしょう。。。~_~
;主さまは空中を回転しながら脅しにくるようなものですから、平坦で凄まじい地響きが轟きます。

周りのお猿さんも、「何事っ!?」って顔をしてこちらに向かってくるではありませんか。
「なんだなんだ?祭りか!?」とか言って。笑


「撃退するしかないのか。。。」


そう決心した自分は危ういながらも撃退することに成功しました。


本当は、デイリーオーダーでロックベア討伐をちょうど2個受けていたので
結局のところ倒すことになってしまう。。。

くまさんも本当は一緒に遊びたかっただけなのかもしれない、
歓迎してくれていたのかもしれない。

こんな「捕獲」までしようとした者は一体誰なのだろうか。

メリッタも意気揚々と「捕獲対象をかっくにーん!」なんて言っていた。
捕獲する気満々ではないか(笑)

やっぱり、平静としている森林でも危険は付きもの。
いつ何が起こるものかわからない。
たとえどんなエマージェンシートライアルが発生しようとも。

そんなアークスは今日も旅をする。







myプロフィール

フロル

Author:フロル
(pso2のキャラ名とは異なります笑)

今日も世界はまわっている。
そんなちっぽけな片隅の中で、人の行き交うオンラインゲームの中だからこそ感じられる何かを。思ったことや考えたこと、日々の日記を自分らしく綴っていければいいなと思います(^^)

シップ⇒  9 ハガル生息

(当サイトは、リンクフリーでございます)

全記事表示リンク

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

更新したピクチャー

パーツ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新トラックバック

counter

pso2

カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

お散歩パーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。