ポラロイド写真
  • 2015年04月

回り込み解除

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除

4月29日/水曜日


2015-04-27-052956.jpg

2015-04-27-033420.jpg


氷付けにされるこの頃

「氷河期がやってきた!」
くらいに凍結しちゃうのですよね(笑)

どんだけ凍るんじゃいって
凍え死にしちゃうよ!

他の人は凍結しないのに
自分の地域だけ寒冷化が進行してきたように
天気予報士もビックリ

「なんか、あいつだけ凍ってるぞやばくね?」
「なんか、あいつのところだけ氷河期来たぞ」みたいな(笑)

自分の中の「春」はまだ先にありそうです「(´へ`;) 笑


ストーリーやマターボードを
少しずつ、少しずつではあるけれども進めている旅の最中

キャストのフーリエに出会いました。
坑道で出会うのも何かの縁。

リリーパ族に慣れてゆくフーリエ。
でもなかなか、リリーパ族との距離を合わせられずにいる

『逢えたけどまだ遠い』

そんな気持ちがフーリエを左右する

けれど、
リリーパ族が怖がっているのではなくて、
実はフーリエが怖がっていた。

「これ以上、私から動けないんですよね。嫌われるのが、怖くて.....」

わかる。わかるよその気持ち。

自分が嫌われるのが怖くて、自らが動けずにいる。
「怖がらせちゃったら逆にどうしよう。。。」とか。


でも大丈夫。

2015-04-22-013418.jpg


ほらね。。。?


「怖がってたのはこの子たちじゃなくて私のほうだったんですね.....」

2015-04-22-013440.jpg


「私、やっと気づけました。」


そうなんだ、自分が怖がっていたら何も始まらない。

何もできやしない。

自分もつくづくそう思わされます。
でもその気持ちを持てることも大事だと思うんです。




スポンサーサイト

回り込み解除

4月25/土曜日

2015-04-22-234450_1.jpg



高難易度をほこると言われる新しい「アルティメットクエスト」に、
そんなかけだしアークスが参加してみることにしました。

機甲種型のエネミーがわんさか登場するようになっているフィールド。
遠距離こうげきを得意とする機甲種たちの縄張りがそこには広がっていた。

苦手です。 ビッグ•ヴァーダーもろともトラウマである。

遠距離射撃しかり、ミサイルしかり、
機雷しかり、ビームサーベルしかり(笑)

このフィールドに降り立ってみると、どこかSFのような空間に思えて
心が踊る。綺麗なフィールド。

ロボ系の機動隊が出てきてもおかしくないような、
その辺ウロウロしていても全く怪しめない(笑)

戦国物のコスチュームを着ていて、いざこのフィールドに降り立って
みたのはいいけれど、「どうやら時代を間違えてしまったようだ、て
へへ >_<)」感がすごかった(笑)どこぞの時代の武士が最先端の行く
SF的フィールドにタイムスリップすれば、「わっ、ここはどこじゃ!
!」って頭のネジが狂ってしまいそう笑

そんな重い足取りで、
自分はみんなの集結する場所へとヒョコヒョコやってきました。

すると、ゾイド。。。ではなく(笑)
ここのあるじとも呼ばれるボス級エネミーがこんな慌ただしい状態の
中で、いきなり出現してきやがりました笑

それに、二体同時( ゚д゚) なんてことだろう。。。

新しい場所へ来てからというものの、かけだしアークスと言ってもい
いほど、アルティメットクエストにむいているかと言われればどちら
かと言えば、むいてないと言えるほど未熟なアークスが、この舞台に
立って戦ってよいのかと言われれば、それすらも疑ってしまう始末。。。

もう「ギャァァァァ!!いやだぁぁぁぁぁ!!」って「ちょぉーっと
!いきなりはやめてぇぇ!」っていったいどのツラ下げて自分の元へ
とやって来たのだろう。

他のアークスたちは平然と待ち構えていたというのに。。。
冷静にこの時を待っていたというのに(笑)

弱音を吐く自分という存在に呆れてしまうではないか 笑


ダメだ、戦うしか選択肢はない。


ぶべら!ぶべら!言いながらも、戦闘不能になりながらも、なんとか
みんなのチカラを借りながら、それでも12人という名のパワーではじ
めての新ボスエネミーを打ちのめすことができた。

達成感はあった。
12人にかかれば、こんなにも容易いことだったのかと。

まるで一体感を感じた。一人じゃできないことを、みんなで協力すれ
ばやってのけられる。そんな存在意義を感じた。

それでも、きっと自分にとって見るレア度12、13武器という貴重な価
値のあるモノは果てしなく遠いモノにすらすぎない。

いくらこの地を巡り巡って、幾多のエネミーを倒して行ければ、その
財宝を掘り当てることができるのだろうか。

いつか、
こんな自分にでもそんな高価な財宝を手に入れることができると思うと楽しみだ。



回り込み解除

4月22日/水曜日


PSE上昇率がアップしている中訪れたカジノエリア内にあるアトラクション、
メセタンシューターに乗り込んだ

考えてみると、途中でシューター中にアンブラさんがお目見えするのでそやつ
を叩かなければ、もしかするとPSE上昇率がプラスされるからより、「PSEバ
ーストを狙いやすくなるのかな?」と思ってプレイしてみると、

ぐんぐん上昇する

世界が平和になるように、
みるみるうちに光の柱が上がってゆく。

あっという間に、
自分たちをPSEの虜にさせた

自分も下手なりに、みんなの役に立つように、
「ニャウを優先しながら狙い撃つ!」

「いえいえ、こう見えて邪魔はいたしませんから大丈夫です、かまわず撃って
いてください(笑)」と誰の耳にも届かない声を思わず心の中でつぶやいている

さらには見知らぬアークス達と、少しずつ息が合ってゆく。

その時4人埋まらず、3人だけのシューターになっていた、たった3人の感情で
もこの惑星オラクルの片隅でちっぽけだけれど、きっと輝きを放っているに違いなかった。

そこだけに当たる光が上昇する。

そう確信していた

そう確信していた自分たちの目の前には、巨大なメセタンが降臨した

PSEレベルがマックスゲージまで上昇し、その何度目かでおお当たりに匹敵す
るほど巨大なメセタンを狙ってシューターで狙い撃ちにする。もうそれも魚が
かかったかの「フィーバーーーーー!!」するように(笑)

大量大量。

大量だ。

轟くほど大量なカジノコインを巨大メセタンは口をポカンと開けている自分た
ちにと、落としていった。これでもかってくらいに。

遠慮なく拾う、そして遠慮なく喜ぶ


あっという間の出来事だった。


そんな時にかぎって、こんな想いは無駄にできないとふと思う。


自分たちは一旦メセタンシューターを終了して
「お疲れ様でした!」という言葉をそれぞれの相手に向けていた。

「お疲れ様でした」の言葉を向けると同時にすっきりした気分に恵まれた。

メセタンシューターというカジノエリアのアトラクションは、そんな違った見
方の「協力」ができるから、遊びながら楽しめる。ひとりでプレイする時より
も圧倒的に人数が多い時の方が、協力しがいがあるし、何より「協力している
感」がものすごくあふれる。協力してこそそこには得られる「楽しみ」がある。
協力してこその「嬉しさ」が広がる。

そんなことを思うと、
「オンラインできてよかったなぁ」と思うこの頃なのです。


回り込み解除

4月19日/日曜日


そよ風を感じながら。


そんなこんなで、
マイルーム3日券を使用してみた。

PSO2に期間限定で設けられている屋外
「セブンイレブン」へ入店する。

お金の代わりに無料「FUN」で、
あらゆる7イレブングッズを物色し、さっそく自分の自宅へと持ち込んでみた。


2015-04-19-224155.jpg


ようこそ誰も入店しない「セブンイレブン」へ(笑)


はたして営業しているのか
はたまた休業中なのか

そこはあえて問わないことにしよう笑

誰も入店してこないので
ひとりのんびり黄昏ることとしよう


2015-04-19-224238.jpg


「茶」でも飲みながら(笑)

唯一この家を切り盛りしているとも言えよう、

「オウム」と「サポートパートナー」

ナベリウス系のオウムはどちらかというと
飼っているにすぎないけれども、

時々オウムがおかしな言葉をつぶやく。

誰かが発信したであろう、
変なくちぐせを覚えてしまっている。

きっと誰かがそっと忍び込んではオウムに言い聞かせていたのだろう。

我ながら恥ずかしいと思う。
うちのオウムさんは。

うちのオウムはこんな子だったのかと、「こんな風に育てた覚えはありません!」って問うてみるくらい。たとえこの惑星「オラクル」でオウムを、10万人、100万のうち飼っている人がいようがいまいが、きっと「うちのオウムが一体何をしたっていうのよ〜!」って言われる割合は決して高くないはず。

何100万人のオウムが、知らない誰かの言葉を知ってふと口にしたっていいじゃないか。
だってオウムだもの(笑)

マイルームはそれこそ憩いの場でもある。

冒険に疲れた時には自宅に帰り、
自分好みにグッズを配置して自分なりに模様を整えてゆく。
そして、のんびりする。

そんなマイルームにも、遊びが無限大に広がることを考えれば「楽しさ」は一層広がるし、無課金者でも、無料で広がるマイルームを持てる「マイルーム3日券」なるものを入手して模様替えを楽しんでみるのもいいと思います。

あわよくば、そっとサポートパートナーの側に「オウム」も飼おう(笑)

これで一人じゃない。笑


2015-04-19-224537.jpg


言葉を覚えさせました




回り込み解除

4月18日/土曜日

時に、マイショップを利用する。


「何かをお探しモノで。。。?」

「あ。。。いえ。。。」


そう問いかけられると、
動きと言葉が挙動不審になったりする。

いわゆるシャイ。

そんなことではなく

マイショップは、売り出している側の人と実際に会わず、
お互いの顔を知らないまま契約し、「モノ」を購入することができる。

自分みたいなシャイ者にはありがたい。

購入した際に時には、「グッジョブ」が送られてくる。


「お買い上げありがとうございました!」


この言葉に見覚えがあり
「こちらこそありがとう」そんな言葉を心の中でつぶやく。

またある時は、無料でスクラッチを引ける「FUN」で見事
「マイショップ利用権」を入手した時には、

早速
自ずからマイショップに自分のお店を開こうと、
ワクワクしながら売りたいモノを選んでは値段を設定していく。

次々売れてゆく場合もあれば、
全く売れない場合もある。

売れた際には、
「お買い上げありがとうございました^ ^」

嬉しいことに、そんな「グッジョブ」を送ればあとから、


「良い買い物をさせていただきました^ ^」


ありがとう。という言葉が自然と浮かんでくる。

そんな小さなつながりが
マイショップでも日々繰り広げられている。

顔を知らないお互い同士、想いは確かにあるんだ。と、感じさせられました。





回り込み解除

4月16日/木曜日


2015-04-15-043216.jpg


バルバリリーパに襲われる夢を見ました。

というのは冗談です(笑)


エクストリームにお出かけしに行ったとです。

それも70層まで。

「ちょっと散歩してくるよー♪」って軽く足を踏み入れるのとはまたワケが違ってきて、
それも「ちょっとクッパ倒してくるよー」くらいの意気込みで。


大事なモノは詰め込んだ。
夢と希望も持った。

さあクッパを倒しに行こう。

迷わず、第1ステージへと足を踏み入れる。

ところで、
なぜエクストリームクエストに足を踏み入れることになったのだろう。
それは、ゲーム内通貨「メセタ」とクロトという人物からのクライアン
トオーダーをこなすことと、「魔石ハートキー」なるアイテムの元とな
るアイテムをここ、エクストリームクエストで入手するために。

道のりは長い。
そしてきっと睡魔がどこかで襲ってくることだろう。

それに最終層に辿り着くまで
クッパも退屈していることだろう。

そんなことも構わず

黙々と先へ。

予定通り睡魔が若干襲ってくるのを感じ、
操作も曖昧になってしまいました。

そこで待ち受けていたのが、
自分の苦手な「ビッグ•ヴァーダー」

あやつのギミックは今でも苦戦させられます(笑)

いつも自分をターゲットに飛ばしてくるミサイルを優先しては、
片っ端から部位破壊をやり過ごしていますが、乱れうちな機関銃
に至ってはもう、「うぅぅぅ反抗期かい!Σ(・□・;)」って
いうくらい容赦のない鋭い的確な攻撃をかましてくるのですが、

「ちょっとどうしたの?機関銃」って彼に問いかけてみるも、

「やかましいぃぃぃ!!」って話しかける躊躇もなく、
ただただ撃ってくる撃ってくる。

そんな感じです(笑)

対大型機甲種からの戦闘も無事に終わり、
クッパへの道を少しずつ切り開いていきました。

次エリアの看板を見てみると、

「この先、ビッグ•ヴァーダー出ます」

またかいっ!(笑)

ビッグ•ヴァーダーが多く出没するようになっている
後半からのエクストリームクエスト。

本当にと惑わされました。

これまで、エクストリームクエストを通して、
色々な出会いがありました。機甲種だらけではありましたが(笑)

そんなあっという間の時間も過ぎ、70層へ。

クッパという名の最後のエネミーは。。。


仮面。


あんたかいっ!(笑)

ここで会ったが。。。。。

そんなに最後に出会ってから間もないです(笑)


「最後の決闘だぁー!さぁ、ピーチ姫を帰すんだ!」

「もごもごもごもご。。。」

「え、何だって?」

「もごもごもごもご。。。」

「仮面で隠れて何を話しているのかさっぱりだ!」


おりゃぁぁぁぁぁ!


戦闘不能になりました(笑)

攻撃力がとてつもなく高かったです(笑)

やっぱり最後だから
そう簡単にはゴールさえられまいか。。。

泥まみれになりながらも
すり傷を負いながらも、

なんとかゴールできました。。。


ここでエンドロールが流れ、(流れません)
盛大な歓声が聞こえ、(聞こえません)


無事にピーチ姫を助けることができました。


民間人「\ワーキャーワーキャー/」

王様「70層まで辿り着き、クッパを倒し、姫を見事、救いだされた勇敢なる勇者よ、
そなたへ大いなる褒美を授けようぞ」

民間人「\ワイワイガヤガヤ/」


ここまで、乗り越えた苦労と努力をけして忘れないことだろう。

そして70層までと、ここまで本当に辛かったです(笑)
ゲーム内通貨のメセタも入り、クライアントオーダーも済ませ、
「魔石ハートキー」の鍵となるアイテムも無事入手し、達成できてよかったです。

やっと、「魔石ハートキーと武器を交換できる!」と思い、交換所へ向かいました。


「ウキウキ、ワクワク」

「交換します。」


ってあれ。。。。。。。。。


あれれ。。。


そ、そんな。。。。。。。。


必要な、魔石ハートキーが1個足りないではないかーーーーーーーーーーーーい!!(笑)





回り込み解除

4月15/水曜日


「何をしよう」

ふとして、
何気なくパーティー覧を眺める。

一通りパーティー覧を見て、
「何をしよう」って考えてみた挙句。

そこで頭を過ったのは

「メセタを貯めよう」

たとえアークスでも、
お金の欲望には勝てないのかもしれない(笑)かと言って、
お金よりも大事なモノはあるけれど、ゲーム内通貨で買える
「欲しいモノ」を購入するためにはやっぱりお金は欠かせない。

ゲーム内通貨、メセタを貯めるため
タイムアタッククエストに参加することにする。

再び、
タイムアタッククエストのパーティー項目を見てみると
難易度「ノーマル」にとある募集パーティーを発見した。

どうやらタイムアタック、
ノーマル全種とベリーハードを2種行きたいとの募集らしい。

そこには気合の入った

「誰か来てくださいー!!!」のコメント

タイムアタッククライアントオーダーを受けるために、クロトの元へ。

「やぁ、まってたよ」

「ノーマル全種と、ベリーハードを念のために全部受けておきます」

とクロトに告げる。

さっそく
先ほどの募集中のパーティーへ「お邪魔します」

「宜しくおねがいします!」

「よろしく!!!」

レンジャーキャストの彼。
どうやら気合十分のようで(笑)

時間によるものなのか、
それから人は入ってこない。

「なかなか来ませんね。。。w」

「時間帯がねぇ。。。」

気合十分アークスの彼は、

「どうします?人が集まらないようなのでそろそろ行きましょうか?」

「お任せします^ ^」

仕方がなく、2人でタイムアタッククエストに同行することとなった。

最初は、「ナベリウス1」

タイムアタックのショートカット法は承知の上で、
難なく「リリーパ」まで来ることができた。

進んでゆくと、
スイッチゾーンのギミック多彩なエリアに突入する。

「右行きます」

「了解です!」

自分はそのまま真っ直ぐに行く。

ショートカットスイッチを踏む際に

「okです」

踏み送れれば
通常のタイムアタックコースに行くことにはなるけれど、果たして。。。

「あれれw」

何かの手違いで、
もうひとつのスイッチは消えていた笑

自ずとゲート解除へのそれぞれの色スイッチを踏みしめてから、
ショートカットではない別のルートを目指す。

「そちらから行けます?」

「こちらから行けるようになりましたw」

通常コースを辿って
無事にクリア。

すると、そこでキャストの彼が


「めんどくさいので省きます?」


え(笑)「(えぇぇぇぇ!w)」

あんなにも気合十分であったのに、急にど、どうしたのだろう。。。笑

確かに、誰もが思うであろう
タイムアタックをやる面倒くささ。

わかります、本当にわかります。

そんな彼もこんなことではお手上げではないかい(笑)

「タイムアタックですか?w」

「はいw」

次のクエスト受注を待ってみると

惑星アムドゥスキアのタイムアタッククエストをひとつ飛んで「龍祭壇」

ここものんびり無事攻略することができた。

終点でキャストの彼はアサルトライフルを向け、
膝を曲げた不自然な状態でパーティーから外れてしまったようだ。

「エラーかな?」と思い

フレンド申請が飛んできては、
再び戻ってきてくれた。

そのまま「ウォパルノーマル」へ直行。

少し、ぎこちのないクエストもここまで少しずつではあったけれど、
こう、まったりとしたタイムアタックも悪くないなぁと思いました。


ところで、ベリーハードはどうしたのだろうって。。。?

いつの間にかなかったことにしています(笑)






回り込み解除

4月13日/月曜日


「こ、これがバルバリリーパ。。。!」

始めてバルバリリーパという存在を
認識した時のことを忘れない。

ある時その巨体に出会ったのは

「砂漠探索」

いつも見慣れているあの小さな
愛しきウサギさんとは何かが違うぞ。

ラグビー部のような逞しい巨体であり、
今にも襲いかかってきそうな勢い。

小学2、3年生から見る5、6年生に連想させられる(笑)

「君は、その体のまま育ってきたのかい。。。?
それとも、誰かの呪いによってそんな姿にされてしまったのかい。。。?」

バルバリリーパは自分を睨みつける。

それもとんでもない威圧漂う瞳で。


第一印象は。

「うわぁ。。。マッチョだなぁ。。。!!」(笑)

その時、
バルバリリーパはその巨腕を背中の方へ、何やら何かを取り出そうとしている。

「。。。?」


あれ、何あれ、ちょっと何あれ。。。


「部品。。。?それを持ってどどどうするのかな?」

「うん、そうやって、上に掲げて、な、げ、る。。。うん。。。」


ギャャャャャャャャ!!!


気がついたら、
自分は砂漠の上に眠っていた。

起き上がると、
再びバルバリリーパの姿を見る。

あんなモノを投げてくるとは、
全く最初は予想がつきませんでした(笑)


果たして、攻撃していいのだろうか。。。?


こういう時には、フォトンの力で彼の状態をなんとかできないだろうか。

「必ず、その凶暴な状態から元の状態へ戻して上げるからね。」

再び、彼はリュックから何かを取り出した。


「来るぞ。。。!」


ヒュンッ!


って回復ポッドやないかーい!(笑)


もしかすると
そんなに悪い奴ではないのかもしれない。

「次はこちらから。。。!」

与えたダメージはたったの「1」

どうやら、
フードの部分には1ダメージしか与えられないらしい。。。なぜ笑

「な、なぜ争うんだ。。。リリーパ、君は敵ではないはずだ」

そう思うけれども、
バルバリリーパは無言のまま。

何がどうなってこうなったのかは知らないけれど確かに、
まだ自分の意志を持っていて、平常な感情は残っている。


「君の家族もきっと心配している。だから、本来の姿に戻ってみないかい?」

「リッリリー(怒)」


アークスの仕事として、こんな珍しいエネミーに出会ったのは始めてだったけれど、
無事リリーパはフォトンの力でなんとかして通常の姿へと元に戻っていったという。

そして、自分の戻るべき場所へ帰って行った。

もしかすると
これであの凶暴なリリーパ族を1人救ってあげたことになったのかもしれない。

なんて。

得体のしれないモノを飛ばしてきた時にはどうしようかと思いました(笑)

回復ポッドを飛ばしてきた時には、
優しさすら感じたという笑

凶暴ではあるけれど、リリーパ族。
あんなリリーパ族がいてもいいのではないだろうか。




回り込み解除

4月12日/日曜日


ああ、退屈だなぁ。。。

アークスは今日も空を見上げている。
なんだか、陽が西へしずむ速度が季節の流れにつれて
だんだん遅くなってきている気がする。

アークス職員をみてみると、
もう明らかに眠たそうな顔をしているではないか。
みてみて、ドゥドゥのおっちゃんなんてもう何か企んでそうな顔をしているよ(笑)

怪しい。。。怪しすぎる。。。

でも結局は憎めない。
ドゥドゥがいるから今日も強化屋さんは捗っているんだと。。。って

そうじゃなくて、

サブキャラクターを育て直して
約、1週間が経った。

レベルの状態はというと。。。
もう40レベル近くにもなってしまいました。。。
時の流れは早いものだと、常々感じます。

ついきのう、初心者に帰ったかのように、
「よーし!また最初から育てるぞー」って気合い十分だったはずが、
もう40レベルって。。。メインキャラクターの兄さんも驚いた顔をしていました。

弟のル○ージがやっと世界的に貢献してきたかと、
そんなマ○オ兄が驚いたような顔をしていました。

メインキャラクターのレベルで75レベルまでカンストできたクラスがあります。
その75レベルに達するまでに日々、色々な出来事がありました。

ほとんど、ぼっちでやり過ごしてきた日々ではあるけれど、

やっぱりRPGって面白い。

だんだん強くなってくる日常というかなんというか、
そこまでに色々な出会いあり、別れあり。
強化を失敗させてくれよったドゥドゥやモニカに向かって
「チックショーー!」って地団駄を踏んだり。

ある時はラグネの雷やカッターによって戦闘不能になって迷惑をかけたり、
自分なりの挑戦にかけて、今のように特殊能力付けがしやすくなっていない頃
初の4スロットを目指してそれが成功し、天に舞うかのような喜びが

そんなことがありました。

誰も知らないところでめちゃくちゃクルクルジャンプしました(笑)

「どうだードゥドゥ見たかーぁ!ドヤァ!」ってドゥドゥの顔みてみたら、真顔でした。。。笑

なんでやねん!もっとこう悔しい顔してもいいでしょうよ!っていう。。。
それもドゥドゥのプライドとして許されないモノがあるのでしょうね(笑)

その時だけは、そんなドゥドゥを許しました。

アークスの職員達は24時間ずっと営業していると思うと
体は大丈夫なのだろうかと。。。やっぱりそこは、フォトンの力でなんとか保っているのだろうか。

一番「大変だなぁ」と思うのが、レベッカさん。
あの人がいなければクエストを受注できないだろうし、あの人の代わりを見たことがない。

あの人の疲れた顔を見たことがない。

それにいつも笑顔。「いつでもおいで」の一言でアークスたちに元気を与える優しいアークス。
なぜ、彼女が人気アークス総選挙で1位を取らないのか不思議でならない。。。笑

いつもお世話になっているというのに。。。

その時に自分は、陰でフューイとフーリエに一票を与えました。
残念ながら、フーリエは外れてしまったけれども、フューイは見事1位を獲得していました。「はっはっはー!」とか言っていましたよ(笑)

とにかく、アークスの仕事は絶えない。
みんな自分なりの意志を持ってこのアークスとしてプレイしているのだと思いました。
「大変」だということは言うまでもありませんが。。。(笑)


回り込み解除

4月11日/土曜日

ベランダにベランダに、
気がついたら鳥さんがいる。

「どうしたの?こんなところで。。。」って
心の中で呟くけれどもそっと扉を開けて眺めようにも、

逃げちゃった。。。

「こんなところに巣を作っちゃダメだよー」って、
前に住んでいたアパートの所に巣が出来ていたのを思い出したのですが、

小鳥が地面に横たわっていました。
「大変だ!」と思って、そのときに「お腹空いてないだろうか」と思って、魚肉ソーセージを小さくし、それを与えてみました。

小鳥さんの様子は。。。


それでも、ダメでした。。。


自分がむやみにエサなんて与えたのが
いけなかったのだろうか。。。ごめんよ。。。

そんなことを思い出すこの頃です(笑)


ある時、超時空希少小鳥エネミー
「ラッピー」と一人で戯れていました。

希少エネミーであるからにして、
あの愛おしい姿の持ち主のラッピー。
ここぞとばかりに近寄って座ってみた。

こんな愉快に何の躊躇もなく、
近寄って歌ってくれるのに一応「敵」という存在。

叩かれて、

「きゅっ!」ってジッと耐えているのに、アークスは見てもみぬふり症候群なんて。
そういう自分も叩いて、終わりってなることが多いものだけれども(笑)
そのそばにいたラッピーもとばっちりを受けるも、

「きゅっ!きゅっ!きゅっ!」って、

なぜ、こんなエネミーを作り出したのだろうか。(笑)

そんなことじゃなくて、

たまには、アークスも一息入れて自然に思い浸って、
一つの休息としてアークス係員に内緒で戯れたっていいじゃぁあーりませんか。

こちらもラッピースーツに着替えてみたら、
気のせいかもしれない、アークスの姿のときよりも歩いていたら、
ついて来る、ついて来る。

「こっちも歌ってみようかなぁ」と思ったけれど、思った瞬時にラッピーは歌うのをやめるという。。。(笑)「何かロビーアクションがないかなぁ」と思って、「ダンス」を選んだ。
でもちょっと歌のジャンルが違った気がする。Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

ラッピーはソッポを向いて歩き出す。
そして、またこちらに戻ってくる。

「一体ラッピーの親はどこにいるのだろうか」

一人でこんな所にいちゃ危ないでしょう。

お家に帰したいけれど、どこに巣があるのやら。。。
どこの惑星にも属するのに、どこに帰る巣が。。。

「親鳥はもしかしてニ、ニワトリ。。。」なんて思っていたところに、
自分の相棒、マグが自分の左肩から距離を置いて行く。

「どこへいくのだろう?」

そのマグを視線で追ってみたら、
ラッピーのところへ。

「もしかして、マグも戯れたいのだろうか。。。?」と
思って眺めていた矢先。


「ズドーーーン!」


マグこらーマグー!笑

な、なんてことを。。。
ラッピーを焼き鳥にしてしまいました。。。

そんなー!希少な時間なのに。。。笑

ラッピーと戯れていたから、
マグが嫉妬してラッピーを攻撃したのか。。。

戯れなんかしてないで、惑星調査して働けと。。。

そんなへなちょこアークスは
今日も空を仰いで、せこせこと働きます。^^;



myプロフィール

furoruu

Author:furoruu
フロルーと申します。
(pso2キャラ名とは異なります笑)

今日も世界はまわっている。
そんなちっぽけな片隅の中で、人の行き交うオンラインゲームの中だからこそ感じられる何かを。思ったことや考えたこと、日々の日記を。

何よりも「楽しむこと」が一番。
マイペースなブログではありますが、
自分らしく綴れたならと思います^ ^

シップ⇒  9 ハガル生息
キャラクター名は、一番初期の記事に綴られています。

(当サイトは、リンクフリーでございます。)

一期一会でも大切に。。。
よろしくお願いします。

最新コメント

全記事表示リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

更新したピクチャー

パーツ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

最新トラックバック

counter

pso2

カレンダー

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

お散歩パーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。